中高年、特に女性の方にとても多い病気です。

最先端の治療が受けられる「治験」に参加しませんか?

中高年になって膝が痛くなる病気はいくつかありますが、その中で最も多いのが「変形性膝関節症」です。日本にはおよそ700万人の患者さんがいるといわれており、50歳代以上の女性に多くみられます。加齢、肥満、けがなどにより関節の軟骨がすり減り、さらに骨が変形し痛みを生じるといわれていますが、多くは原因がはっきりわかっていません。命にかかわるような重篤な病気ではありませんが、症状が進むと安静にしていても痛みが取れにくくなり、日常生活にも支障が出てしまいます。

変形膝関節症とは

変形膝関節症の症状は?

進行の程度にもよりますが次のような症状がみられた場合は変形膝関節症と考えられます。

  1. 膝を動かすと痛い…日常生活で膝を動かしているときに痛みを感じる場合。とくに立ち上がるときや、階段を降りるときなどに多くみられます。
  2. 膝の曲げ伸ばしがつらい…膝をピンと伸ばして立つことや、正座、しゃがむといった動作がしづらい場合。
  3. 膝に水がたまっている…軟骨がすり減って炎症を起こしているため、関節に水(関節液)がたまってしまう状態。たまった水を抜かないとさらに炎症がひどくなったり、軟骨がもろくなったりすると言われています。

変形膝関節症の治療方法は?

変形性膝関節症の場合、一度すり減ってしまった関節軟骨は元に戻すことが難しく、風邪が治るように完全に元の状態に戻せるというものではありません。ですが、痛みがやわらぎ、普通の生活ができるようになるなど、よい状態にすることは可能です。そのための治療として、薬物療法、物理療法、リハビリテーションなどの療法が基本となります。これらの治療でも痛みが緩和されない場合にはまれに手術による外科的療法を行います。この病気は、生活習慣が起因する場合が多く、適度な運動や食生活の見直し、減量などが効果があるともいわれています。

治験ボランティアとして、変形膝関節症の最新の治療を受けながら新薬開発に協力しませんか?

申し訳ございません。
現在この疾患の治験ボランティアは募集をしておりませんが
登録をしていただいた方には募集を開始した際にご連絡いたします。

Web会員に登録しませんか?

Web会員の方には、ご参加いただけそうな治験が決まりましたらご案内いたします。その他、健康情報などもお届けします。
「ボランティア登録はもう少し考えたい」という方も、まずはWeb会員になりませんか?

治験ボランティアとは?

クスリの研究開発において実施される「臨床試験」に参加してくれる方を、治験ボランティアとして募集しています

あらゆるクスリは、「治験」というプロセスを経て世の中に送り出されます。
私たちが日ごろ目にするクスリが、一般的に使われるようになるまでには10~20年の研究期間と厳しい審査が必要です。
安全性と効き目がしっかり証明され、それが国に認められなければなりません。こうしたクスリの研究開発の中で、厚生労働省に義務付けられた必須プロセスが「治験」という臨床試験なのです。

臨床試験に参加してくれる人を治験ボランティアとして募集しています。
クスリの開発において、ボランティアの人たちの協力でクスリの安全性と有効性を確かめるプロセスが治験です。
クスリ、医薬品の開発は日々休むことなく続けられ、それは治験に参加されるボランティアの人たちの協力で支えられているのです。

治験のメリット・デメリット

メリット

専門医の丁寧な診察

長い待ち時間と短い診察時間という一般病院での受診にくらべて、より詳しい検査が行われ、豊富な経験を持つ専門医師の丁寧な診察とアドバイスを受けられます。

病気の状態を正確に把握

通常の診療にくらべて、専門医による精密な検査・診察が受けられ、その病気についての詳しい説明も行なわれるので、ご自身のからだの状態や症状について、より詳しく知ることができます。

診療は無料

治験に参加されている間、治験薬や診察、検査などの費用は製薬会社が負担し、通院のための交通費などについても負担軽減費をお渡ししています。

社会貢献

あなたの協力で生まれた新しいクスリが、多くの人の病気を治療します。ボランティアとして治験に取り組み、次の世代により良いクスリを残すこと。あなたからの贈り物は、よりよい社会の実現に向けて届けられます。

デメリット

来院回数、検査回数、通院時間

クスリの効果や安全性を確認するために、一般的な治療とくらべて、来院回数や検査回数が多くなることがあります。また、治験は特定の病院で行なわれるので、通院に時間がかかる場合もあります。

規則正しい服薬や来院

治験薬を正しい時間に服薬すること、決められた日時に来院すること、服薬の記録やからだの状態などを記録しておくことなど、守らなければならないルールがあります。ほかにも、激しい運動や食事のメニューなどが制限されることもあります。

プラセボ(偽薬)の可能性

治験には、クスリとして効果のある成分が入っていないもの(プラセボ)を使用することがあります。治験薬がほんとうに効いたのか、それとも「効く」という思い込みによるものかを比較するためです。

副作用の可能性

未知の副作用が生じる可能性を完全に否定することはできません。もちろん、十分な安全性の基に治験薬は扱われますが、もしも副作用が生じた場合は、適切な治療、補償が受けられます。

治験ボランティアに参加しませんか?

治験の通院回数に応じて負担軽減費(治験協力費)が支払われます。詳細は申込の際にご確認ください。治験参加中は、ボランティア参加者の方に金銭的な負担が生じないように配慮されます。

説明会・治験参加の流れ

  1. Webまたはフリーダイヤルからお申し込み
  2. 登録説明会に参加
  3. 健康診断の受診(フェーズ2&3試験の場合のみ)
  4. 治験説明会に参加
  5. 治験参加

実施場所について

OCROMクリニック

OCROMクリニックは、1999年7月に日本初の外来治験専門の医療機関として開設され、2006年4月に大阪臨床薬理研究所(OPHA Clinic)の業務を継承し、リニューアルされました。従来の患者外来に加え、宿泊が必要な患者を対象とした臨床薬理試験、健康な方を対象にした第Ⅰ相試験の実施も可能となっております。

ToCROMクリニック

ToCROMクリニックは、一般診療も行える治験実施医療機関として2000年6月に開設されました。 7床の入院ベッドを保有し、外来患者の試験にとどまらず入院可能な患者を対象とした臨床薬理試験も実施できる施設です。

大阪治験病院

大阪治験病院は、大阪臨床薬理研究所(OPHA Clinic)の20数年間・1,000試験を超える経験に基づくノウハウを継承して、2005年11月に開設された、日本初の治験に特化した病院です。

ボランティア参加者の声

中内ハツ子さん 68歳
はじめて治験に参加したのは8年ほど前です。60歳になって、仕事も定年になりましてね、これからは好きなこと、いろいろなことをしようと思ったんです。旅行とかスポーツとか。...続きを読む
鈴木孝さん 34歳
子どもの頃から喘息もちなんです。週に一度、病院に行って注射、ずっとそれがつづきました。でも、そもそも原因がわからないわけですから、良くなることはなかったです。...続きを読む
安田佐恵子さん 66歳
主人の知りあいに薬品会社にお勤めの方がいらっしゃって、治験に参加してみませんかと声をかけられたんです。もう10年くらい前の話ですけど。...続きを読む
斉藤亮さん 52歳
10年ほど前、タウン誌で治験に参加しませんかという案内を見かけたんです。コレステロール値が高くて、クスリを飲んでいない方を探していますと。...続きを読む

よくある質問

Web会員に登録しませんか?

Web会員の方には、ご参加いただけそうな治験が決まりましたらご案内いたします。その他、健康情報などもお届けします。
「ボランティア登録はもう少し考えたい」という方も、まずはWeb会員になりませんか?